読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人が孤独死する訳ではない。

子育ても仕事も介護も遊びも適当で大丈夫

動物虐待か?養豚で子豚の金玉を麻酔無しで除去は?

Hatena Feedly

f:id:kaikailife:20161125092146j:plain

昔に養豚で働いていた時、子豚の金玉を麻酔無しで除去してた時の話。ググると、この話題はやはり色んな意見やブログを目にするが、そりゃそうだと思うのが個人的な見解だね。子豚も痛いか痛くないかって言ったら・・・痛いに決まってるから!

目次

何故、子豚の金玉を取る必要があるのか?

金玉は精巣になるので、発情期に入る頃から肉に匂いが付くからと言うのが一番の理由だと思う。当時、養豚関連の記事や資料を読んだり、動物虐待を訴える人の記事やブログを読むと、やはり意見は対立しており、発情期が来る前の6ヵ月前後で集荷する豚は

 

金玉を除去する必要は無いとか、金玉を除去した豚の肉と、除去してない豚の肉では、匂いが分かる人、分からない人がおり、判断が出来ない人もいたとの事。

 

スタッフだって悲しいから

前もって言っておくが私は、豚が可愛くて仕方がなくて出産を手伝った子豚などは、それは大事に育てたし、小さくてあまり餌を横取りされる様な子豚は、手で餌をあげたりしてたし、子豚は大きくなっても、足元に寄ってきて体を擦り付けて来るから!

 

だから出荷の前日に、豚に今回出荷できる豚にマジックで、背中にしるしを付けるけど

悲しくて仕方がなかったし、出荷前日の夜は豚舎の様子もいつもと違うし、次の日の早朝に檻からだし、逃げ回る豚を追い立てながらトラックに乗せるのは、嫌だったし、乗せ終わった後は、スタッフみんな無言になるし、その日の作業中は一日、静かだから。

 

そりゃ養豚を知らない知り合いとかからは、「可哀そうとか」「よく出来るね、そんな仕事」とか言われて、いつも心で「悲しくない訳ないだろう」と思ってたけど、一般の人、一般消費者の人には言っても分からいだろうし、理解してもらえるとは思ってなかったから。

スタッフの女の子が、豚に襲われる

その上で言うならば、やっぱり金玉の除去は必要だと思う。勿論、個体差はある子豚は数か月たった頃から交尾の様な事を行動をし始める。だから個体差で精巣の発達が豚は

匂いが肉に付くのだと思う。 また、金玉を除去した豚はおとなしくなるので、豚同士の怪我少なくなる。金玉を除去しない種豚候補の雄豚は、やっぱり気性が荒いし、檻の中に入れば体当たりしてくる。

 

実際、スタッフで小柄な女の子が掃除で檻の中に入った時は、豚に体当たりされて体の上に乗られて、豚に交尾されてたから。そりゃ堅い爪がある、ごっつい足で踏まれた上で、豚に腰を振られたら青あざだらけになるから。

 どやって子豚の金玉を除去するのか

私がやっていた時は、まず一人が脇で子豚の頭を挟み、前足二本を手で掴む。次にもう一人のスタッフが子豚の体を脇に挟みながら後ろ脚を掴み、股を広げて別のスタッフが

 

髭反りで使うような剃刀で金玉に縦に切れ目をいれて、利き手の人差し指と中指を、切れ目から入れ、袋の中の精巣部分を引きちぎり、素早く消毒薬を注入して子豚を開放する。 

 

そりゃ子豚も痛いから、暴れまくるし叫びまくる。解放した直後は少し暴れて、次の日は少し元気がない感じになる。

金玉除去時に麻酔は無い

金玉を除去する時には麻酔はしない。またこの問題が愛護団体から動物虐待を追及される原因でもあるのだろうけど。では私の見解で言えば、動物虐待か虐待では無いかで言うなら、動物虐待だろうね。そもそもが養豚のシステム自体が虐待だし、養鶏だって養牛だって動物を虐待しているシステムだと思う。

一般消費者の栄養を担っている

だけどそう言う、システムの上で世の中が成り立っているし、一般消費者の栄養しかり発育を担っているのだと思う。 養豚だって広い牧場の様な所で、ノビノビと育てて金玉を除去する時とか、麻酔をするなら間違いなく、今の流通価格では豚肉を食べる事は

出来なから。 だから広い場所で自然飼育に近い海外のイベリコ豚など、手間暇かかり

出荷前の数か月間はドングリを食べさしてとかだと、価格が高くて毎日の家庭で食卓に出すことは不可能だと思う。

 

命を感謝して豚肉を食べたら豚は報われるか。

f:id:kaikailife:20161125105110j:plain

「いただきます」って言葉の語源は、「お命を頂きます」だと言うけど、では命を奪われた豚、もちろん魚・牛・鳥・その他の生き物も、どうなのって話だけど、殺されて命を奪われた方からしたら、「何勝手なこと言ってんだ」って思うのでは無いか。

 

だけど実際、何も知らない消費者からすれば、感謝して残さず食べるしか出来る事がないでは無いか。そして親が子供に教えて行く事が教育になるのでは無いかと思う。

 

何だか違和感がある手塚治虫のミノタロウスの皿

手塚治虫ミノタウロスの皿を読んだ事があるが、私は何だか気持ち悪かったし、違和感を感じたけど。 

簡単にあらすじを言うと、どっかの惑星では牛が知的生命体で人間似た生物を食べる話。

宇宙船の事故で地球によく似た惑星に緊急着陸した主人公は、その星でミノアという美しい少女に救出される。その星は、地球でいうところの「牛」にそっくりな種族が支配する世界で、彼らは地球でいうところの「人間」にそっくりな種族を家畜として育てていた。ミノアはその家畜の中でも特に育ちの良い女性で、最高級の食材「ミノタウロスの皿」に選ばれ、民衆の祭典で食べられる運命にあるという。その事実を知った主人公は、喜んで食べられようとするミノアを助け出そうと奔走するが、結局は救出できずに終わる。主人公は迎えの宇宙船に乗り込むと、泣きながらステーキを食べるのだった。

ミノタウロスの皿 - Wikipedia

 

f:id:kaikailife:20161125103204j:plain

f:id:kaikailife:20161125103217j:plain

 

 

 

あとペットでミニブタっているでしょ。あれも元々食用で、ミニブタを食べる風習がある地域があるから。

 

 

家族旅行にお勧め 格安ホテル比較サイト

 

広告を非表示にする