読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人が孤独死する訳ではない。

子育ても仕事も介護も遊びも適当で大丈夫

山に入るときのおススメ道具 ソロセット4点

山遊び おススメ
Hatena Feedly

f:id:kaikailife:20161124112451j:plain

昔から山に行くが、最近は父親の介護もありディサービスがある日で暇な時に気分転換で定期的にソロセットを持って山遊びをする。やはり、山で暖かい物を食べると上手いしリフレッシュになる。

 

目次

絶対にお勧め!THERMOS(サーモス) FFX-900 山専ボトル

山遊びやソロキャンプを始めた時は、火を起こすのが楽しくて仕方なかったが、慣れてくると意外にガスバーナーやアルコールストーブで火を沸かすのが、面倒だったりするしクッカーを汚して、疲れて帰ってから洗うのも面倒な時があるので、そう言う時は大体、サーモス 山専ボトル ステンレスボトル ライムグリーン FFX-900 LMGを持っていく。

 
圧倒的に保温する能力が高いので、バーナーでお湯を沸かさなくてもカップヌードルなら二つ出来るし、一人ならカップラーメンと食後のコーヒーを楽しめる。
実際、外でガスバーナーで沸かすと、風の影響があったりして沸点までいかずにお湯が沸かなかったりするし、冬だと中々湧かない時も多々ある。


確かにクッカーやメスティンなどで袋ラーメンを作るのは上手いが、意外に帰ってから片づけるのがメンドクサイ時もあるので、サーモス 山専ボトル ステンレスボトル ライムグリーン FFX-900 LMGを一本持っとくとマジで便利。このシリーズは500リットルもあるが、少し冷めやすいし一人分でも少ないので、あまりおススメしない。


あとバーナーを使いたい時でも、サーモス 山専ボトル ステンレスボトル ライムグリーン FFX-900 LMGでお湯を持って行っておけば、クッカーでお湯を沸かす作業も時間短縮になるので、最近は必ず山に入るときは持っていきます。

 

夏は氷をいれても溶けにくいので、夏にもおススメ

 価格も安く大小2個セット スノーピーク クッカーセットー

普段のメインで使用しているのがスノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020です。価格も安く使い勝手が良い

山遊びやソロキャンプを始める時に絶対に迷うのは、ステンレスかアルミかチタンにするかだと思うが、各自にメリットやデメリットがあるが簡単に言うと

 

ステンレスは

  1. メリットは価格が安い・。 デメリットは重い

アルミは

  1. メリットはチタンより安い。デメリットはチタンに比べると重い

チタンは

  1. メリットは重量が軽い・デメリットは価格が高い

簡単に言うと、こんな感じだが、あとは熱伝導がチタンは圧倒的にすごい分、とにかく焦げやすい。油断すると本当にすぐに焦げる。

 

だから本格的な山登りで、シビアに1グラム単位で荷物を軽くする必要がない時は殆どアルミクッカーを使用しています。また、ダントツで焦げにくいので具材多めの煮込みラーメンとかお米を焚いても、ほとんど焦げ付かないので便利です。

 

また大小二個が重ねて入るので、一つは料理に、一つは米を焚いたり出来るので使い勝手が良いのもあります。

 

これから始める人のお財布にも優しい価格が人気です

 一つは持っておきたいシングルバーナー PRIMUSウルトラバーナー 

やっぱり始める時にあこがれたのは、シングルバーナー。でも実際に、一番初めに買ったのは安いクッカーとシングルバーナーがセットの別のブランドの奴でしたが、これが火力が弱い上に、風があると本当にお湯が沸かなかった。

 

それで教えて貰ったPRIMUSウルトラバーナー(画像はガスがプリムスが無かったのでコールマンです)

 

やっぱり火力が安定してるし強い。また、多少の風でも問題ないので使いやすい。
少し背が高くなるので安定した所に置いて使用した方が良いが、欠点はそれぐらい。

あと五徳部分も画像の様にコンパクトになるので、付属の袋に入れてクッカーの中にしまえるのが良い。

f:id:kaikailife:20161124131337j:plain

 

シングルバーナーは価格が高くても火力が高く安定した物を!

 

 

癖があるが安く遊べるオピネル・OPINELのナイフ

あと画像ではナイフが写っていますが、あれはOPINEL(オピネル)オピネル#8 41478ですが、はっきり言って癖があります。

 


アウトドアが好きな人では遊べるナイフで有名ですが、まずそのままでは使えません。

刃がステンレスとカーボンがありますが、人気がカーボンで、これが兎に角錆びます。

ステンレスナイフに慣れている人は、メンテナンスが面倒だとおもいます。

 

また、フォールディングナイフですが柄の部分が水分を吸収するので、刃をつまんだぐらいでは出なくなるので、ヤスリで削って広げないといけない。あと刃が錆びやすいので多分ほとんどの人が黒錆加工して使っているのではと思います。

 

黒錆加工は簡単で自宅でもできます。(ほかの人の動画です)


オピネルに黒錆加工してみた!

 

けど、自分でメンテナンスをして遊べるので、遊べるナイフとして愛用しています。

 

家族旅行にお勧め 格安ホテル比較サイト

広告を非表示にする